テレビディレクターの年収

テレビディレクターの年収・給与、労働時間、キャリアパス、
職場環境について調べることができます。

年収ナビトップ > テレビディレクターの年収

テレビディレクターの仕事
テレビディレクターの仕事

テレビディレクターは、番組の制作に関わる放送技術者、アートディレクター、シナリオライター、作曲家、出演者などを統括して、プロデューサーが立案した番組の企画を制作、指揮することが主な仕事である。テレビディレクターには、進捗管理を行い、番組のクオリティを担保しつつ、スケジュール通りに番組の制作を行うことが求められる。そのため、ある程度のリーダシップやチームをうまくマネージメントするためのコミュニケーション力などが必要となる。

テレビディレクターの年収・給与・キャリアパス
テレビディレクターの年収・給与・キャリアパス

テレビディレクターの収入は、テレビ局に勤務している場合と制作プロダクションに所属している場合とでも異なるが、テレビ局に勤務している場合は、テレビ局の一般的な給与水準に準ずる。そのため、年収1000万円を超えるテレビディレクターも多い。テレビディレクターのキャリアパスは、一般的には大学を卒業後、テレビ局に勤務し、アシスタントディレクターとして経験を積む。その後、ディレクターに昇進する。また、ディレクターから、番組の企画立案や予算の管理、出演者スポンサーとの交渉などを行うプロデューサーに昇進する人もいる。

労働時間・雇用形態

テレビディレクターの勤務時間は一般的にかなり長く、休みも不規則になりがちである。番組制作の進捗や出演者スケジュールによっては、早朝や深夜などにも取材やロケ、編集などを行うことも多い。

職場環境【性別、場所、会社規模など】

テレビディレクターの就業場所は、テレビ局がある首都圏あるいは都市部となる。また、テレビディレクターには男性、女性どちらも就業している。

テレビディレクターに関するリンク集